Darling Darling

Prabhas's fan blog in Japan

「Prabhasさんにお手紙を送ろう企画♡2019」が発足しました

 去年(もう去年の話なんですね)、まるにこ様が企画してくださったプラバースさんへお手紙を送ろう!と言う企画が、今年もあるとの告知がありました。

 

 前回はTwitter主体でやっていたので実質Twitterアカウントを持っていないと参加できない状況でしたが、今年はTwitterアカウントがなくてもメールアドレスがあれば参加申し込みができるようにされたとのこと。

 

 そんなわけで、こちらでも告知を掲載いたします(了承は得ています)。

 

 【告知】今年も日本のファンから#プラバース さんへお手紙を送る企画を実施します。

今年はTwitterをやっていない方もご参加頂けるようにメールでの参加受付にしてみした。
下記より詳細ご確認の上ご連絡下さい。

▼受付フォーム

docs.google.com

▼参加申し込み締切
2019/8/31(土)

 (引用元:https://twitter.com/maru025nico/status/1150695292875841537

 一部ブログ用に改編あり)

 

 詳細なご案内が書かれたお返事メールは手動で行っておられるそうなので、気長に待ってくださいとのことです。確か去年の参加って軽く3桁行ってたような記憶があるので、それ全部手動返信とか考えると…みなさん、フォーム記載にある7日間は座して待ちましょう。

 

 購入品の送付に関してですが、これ、絶対送らないであげてください。

 

 フォームにも記載のある通り、荷物が到着しない可能性や相手に関税がかかる心配が高くなります。

 はっきり言って、手紙だけにしたって日本のようにほぼ100%相手に届くというわけではない郵便事情です。できる限り不着の危険は取り除きたいですよね、参加する側としても。 

 

 あと、何語で書くかですが、そりゃまあテルグ語で書ければ一番ですが英語で良いようです。英語書けないよ~って方もいらっしゃると思いますが、私は簡単な英語で短く綴ったぐらいの文章の方がプラバースさんが読むときの負担にならなくて良いのでは?と思っています。選びに選んだグリーティングカードに”I love you.” でも気持ちは伝わると思いますよ。

 

 そんなわけでDarlingsの皆様、思いのたけをプラバースさんに向けてお手紙にしたためませんか?

 

パドマーワト 女神の誕生(原題:Padmaavat)

 やっと見ることが出来ました。

f:id:nazo_India:20190715195924j:plain

 見たいみたい、と思っていたので念願かなって良かったです。

 

 さて、本編。

 豪華です。衣装がとにかく豪華だしセットも素敵です。

 装飾品の多さが凄くて明らかに重そうなぐらい男も女もジャラジャラつけているのですが、下品にならない上品な、荘厳な組み合わせの絶妙さは賞賛に値します。

 そういや、夫のタ-バンを妃であるパドマーワティが巻いて最後に糸で装飾を縫い付けていたので、男の人のターバンの装飾はそうやってつけるのかと妙なところを見てました。糸でつけるなんて、よく考えた当たり前の話なんだけれども。

 

 映像がとにかく絵画のようで素晴らしいですね。どこを切っても絵になりそう。

 

 そして、なんといっても絶世の美女パドマーワティの美しさが納得の美しさ。

 夫となるメーワール国王ラタン・シンにはパドマーワティが嫁ぐ前から妃がいたのですが、その妃だって十分に美しいし、敵のアラーウッディーンの妃も類い稀なる美しさなのですが、それを超える、超えると納得させられるディーピカー・パードゥコーンの美しさは圧巻です。息をのむ美しさとはこのこと。

 美しいうえに貞淑で賢く気高く、内面も王妃の鏡と言えるほど素晴らしい。

 それに対する夫の高潔さも眩しいほど。ややもすれば印象が弱くなりがちな役をシャーヒド・カプールは、ランビール・シン演じる怪演とも言える凄みのあるアラーウッディーンに真っ向から対峙できる国王として見事に演じています。

 そして、なんといってもアラーウッディーン役のランビール・シンの渾身の悪役演技。この役は並みの俳優では絶対に務まらない極悪非道な暴君の役です。ランビール・シンのこの演技を見るだけでもこの映画には十分な価値があります。他のランビール・シン映画はGUNDAYしか見たことが無いのですが、真っすぐなあの役からは想像もつかないほどの真っ黒な役で別人にしか見えないです。

 凄み、威圧感、重厚感、残虐さ、暴虐さ、どれをとっても十二分な悪役で、個人的にはバーフバリのバラーラデーヴァと並べてもいいと思っています。

 

 とはいえ、大きな弱点は脚本・演出力でしょうか。

 話の筋は大変面白いのですが、全体的に単調で飽きが来るところがありました。夢中になって前のめりに作品に没入できる作品ではなかったです。史実を基にした歴史ドキュメンタリーならこれで良いのかもしれませんが、そもそも歴史に忠実ではないと断っていますし娯楽作品としてもっとドラマチックに抑揚をつけてもいいのではないかな、と思いました。もちろん、盛り上がりの場面と言うのはあるのですが、盛り上がりに欠けると言いますか…。

 そのせいで、映像美も役者の演技も最高なのに「良作」程度の評価に終わってしまった感があります。最優秀まで行かない。

 あと、ラストの締め方が私としては中途半端に見えました。カタルシスがあってもいいと思うのですが、ない。

 

 最後うだうだ書きましたが、良作ですので見て損はありません。

 この作品はぜひ映像の綺麗な映画館で見てほしいと思います。大画面で圧倒的な映像美を浴びるのが最良の鑑賞方法ではないでしょうか。

TOPVALU World Dining バターチキンカレー

【食べた日 2019/7/15】

商品名:TOPVALU World Dining バターチキンカレー  

販売者:イオン株式会社

値段:258円(税抜)近所のイオンで購入

内容量:180g

f:id:nazo_India:20190715180017j:plain

調理方法: 熱湯約3~5分 電子レンジ(500w)2分(600w)1分30秒

 

 商品写真が私史上最悪の出来栄えですが、ご勘弁を。

 

 さて、イオンのプライベートブランドトップバリュ」のバターチキンカレーです。

 さして期待もしていなかったのですが、意外や意外なかなかのもの。

 スパイス抑えめの日本人向けの味付けですが、そのスパイスも全くないのではなく、ほのかに感じられるので物足りなさがありません。

 酸味、クリーミーさのバランスもよく辛味も辛すぎず甘すぎず。

 なかなか絶妙なバランスを保っています。

f:id:nazo_India:20190715180528j:plain

 色味もなんだかバランスが良い気がする(気がするだけ)。

 

 鶏肉は、まあ、レトルトだなぁ品質ですね。小さい肉の塊が「入ってるよ」と存在をアピールする程度のレベル。こちらも多すぎず少なすぎず。

 

 非常にバランスの取れたバターチキンカレーではないでしょうか。

 

 楽天にもAmazonにもネット通販がなかったので、お近くのイオンでお求めくださいませ。

ボンカレーグラン スパイス香る バターチキンカレー

【食べた日 2019/7/13】

商品名:ボンカレーグラン スパイス香る バターチキンカレー 

製造所:マルハマ食品株式会社

販売者:大塚食品株式会社

値段:298円(税抜)近所のイオンで購入

内容量:200g

f:id:nazo_India:20190713171326j:plain

調理方法:電子レンジ(500w)約1分30秒(600w)1分20秒(700w)使用不可

     熱湯約3~5分 

 

 袋のままレンジで調理できる楽ちんカレーです。こういうの便利でいいですよね。

 

 食べ続けると喉が若干ピリピリするぐらいの辛さです。

 カルダモンの風味が利いていて、トマトの酸味も感じられる。非常にスパイシーでインドよりかな?と思わせるカレーなのですが何かが物足りない。美味しいけれど物足りない。

 そう、クリーミーさと言いますか、まろやかさが足りないように感じます。ちょっと味が尖ったような感じがします。

f:id:nazo_India:20190713172139j:plain

 色合い的にも辛そうな色かな?

 

 鶏肉は少なすぎず多すぎず、満足できるぐらいの量が入っています。レトルトにありがちなやや小さめの塊。結構崩れていますが、歯ごたえのある塊がいくらか残っています。

 

 ボンカレーブランドなので、スーパーでお求めやすいのではないでしょうか。袋ごとレンジ調理できるのが嬉しいですね。

 惜しむらくは、もう少し、まろやかさが欲しかったかなぁ。

 

  上のは5箱一組です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボンカレーGRAN スパイス香る バターチキンカレー(200g)
価格:348円(税込、送料別) (2019/7/13時点)

楽天で購入

 

Ek Niranjan

 プラバースくんが足りない。

 と言うことで、ほかにも山ほどある積円盤・動画を押しのけてみました。

 

 乙女なプラバースさんが見どころでしょうか。

 家に人がいないのをいいことに、声に出して「乙女か!!」と突っ込みました。そのぐらい凶悪に可愛い。He kills us!

 あ、あと「あなたがいてこそ」のスニールさんとか、みんな大好きブラフマーナンダムさんとか出ています。

 

 で、肝心の話なんですが…いくら英語字幕を読んでいないとは言え…意味が分からなすぎる。

 

 大筋では、人さらいにさらわれて親と離れ離れになってしまった主人公チットゥは、自分をさらった人さらいを警察に売るものの、親の情報欲しさにその後も面倒を見ている。これがまず柱。

 これに主人公がバウンティハンター(賞金稼ぎ)をやっている関係でマフィア?に目をつけられたり、そこに政治家殺害事件が絡んできたりする。これが柱に絡んでくる。

 もちろん、これにヒロインとの恋愛も絡む。

 で、意味が分からないのがブラフマーナンダムさんが扮する導師が登場するシーン。これが、ストーリにとって何の意味があるのかが全くくみ取れなかった。ウイキペディア先生(英語)を読んでも、日本語でこの作品のことを書いたブログを読んでも書いてなくて分からない。誰か教えてください。

 見た後の感想が、「で、結局なんだったんだ。あ、プラバースさん可愛いなってこと?」です。

 英語やテルグ語ができたら少しは話が分かったのだろうか…。

 好きなのは、人さらいと主人公の間にできた情が見るものに伝わってきて、役者ってすごいなぁと思ったところ。

 

 それにしても、どの作品もプラバースさんは可愛いのですが、この作品は強烈にかわいいですね。何なのその乙女仕草。あと、泣きの演技がやっぱいいですわ、この方。

 

 ということで、可愛いプラバースさんを堪能する作品でした。

SANJU/サンジュ

 6月は怒涛のインド(系)映画ラッシュな上に、どれも上映期間が短くてなかなか全部見ることが出来ずにいます。

 そんななか、予定が合って見ることが出来たのが「SANJU」でした。

f:id:nazo_India:20190620213414j:plain

 正直、前評判をあまり聞かなかったので、そんなに期待はしないで見たのが本音でしたが見終わって真っ先に思ったのは、

 

「やりおったな、ツイン…」

 

でした。見事な審美眼で天晴れでございました。

 

 まず、実話ベースと言う事で話の面白さは手堅いのですが、ミステリー仕立てにもなっていて話に引き込まれます。この辺の脚本作りが実にうまい。大筋の視点を伝記作家にして観客の視点をそちらに誘い、悪友の揺さぶりや親友の誤解などで作家と一緒に動揺したり謎に頭を捻ったりする部分を作ることで作品に観客を参加させる。ややもすれば伝記作品は観客は傍観者になりがちになると思うのですが。

 

 さらに役者が主役はもちろんのこと、皆素晴らしい。

 サンジュことサンジャイ・ダット氏を青年期から壮年期まで演じたランビール・カプールの演技力。サンジュを変え、支える親友カムレーシュ役ヴィッキー・コウシャルの迫真の演技。サンジュの父の大きく優しい包容力、母の明るく偉大な愛、サンジュを薬漬けにする悪友のクソ加減…他にも書ききれないぐらい、みんなみんな素晴らしい。

 

 ストーリーもただ、堕ちました、頑張りました、成功しました、ではなく観客に問いかけます。あなたが見ている報道は真実を伝えていますか?と。サンジュの人生を通してそのことを映画は問いかけます。不屈の精神で何度も立ち上がる美談だけではないテーマ性をこの映画は持っている。なるほど、これは広く多くの人々の心に深く印象に残るだろうと思いました。

 

 ちょっと実際のサンジャイ・ダットの事件はどうだったのか興味を持ったので、目の前の板でちょろっと調べたらの日本語記事が1件だけヒットしました。

www.afpbb.com

 ツイッターでこのことを呟いたら、BBCアーカイブに記事やインタビューがありますよ、と教えてくださった方がいらっしゃいまして、検索までしましたが…「in English!」と言う事で読むのは挫折しました…とほほほほ。

 昔の写真とかも見られたのですが…にてる。映画のサンジュは実物に雰囲気がよく似ている…役者スゲェ。

 

 とにかく、この映画はアタリです。

 さすがTWINさんです。いい仕事しています。ほんともう、全幅の信頼を置きますよ。

 

 それにしても衝撃的だったのが収監されたサンジュの牢獄があまりに酷すぎること。日本だったら確実に人権問題になるレベル…。これ、そんなに昔の話じゃないハズなんだけど…。

 あと、あのリビング、雨の日どうするんだろう…(どんなリビングかは映画を見てね)。

 

 

素材を活かしたカレー バターチキン(新バージョン)

 無印良品のバターチキンが変わった、と言うので食べてみました。

【食べた日 2019/6/1】

商品名:素材を生かしたカレー バターチキン

販売者:株式会社良品計画

値段: 350円(税込)

内容量:180g

f:id:nazo_India:20190601112003j:plain

調理方法:熱湯5~7分 レンジ(500w)約2分

 

以前のバージョンの無印良品バターチキンの記事はこちら。

 

nazoindia.hatenablog.jp

 

 以前の物はあまりバターチキンという気がしなかったのですが、今回の物は「お、インド」と思わせるスパイシーさがありました。

f:id:nazo_India:20190601112427j:plain

 う~ん、上手く写っていませんが赤い油が今回結構浮いていまして、その分辛味もありました。辛すぎない絶妙な辛さ具合。

 

 鶏肉も大きめの肉が3つかな?ぐらい入っていて満足感があります。

 

 このバターチキンならリピートしてもいいかも。

 

 無印、本気出してきたな…と思いました。いや、もちろん、いつでも本気でしょうけども。

 

 

www.muji.net

 Amazonとかで買うと高そうなので、直のネットショップで買うほうが良いかな~と思います。