Darling Darling

Prabhas's fan blog in Japan

「バーフバリ 王の凱旋」絶叫上映(新宿ピカデリー)<上映中編>

 腹ごしらえ、ロビー編はこちら

 

nazoindia.hatenablog.jp

nazoindia.hatenablog.jp

 

 さて、まずはV8japanさんの前説から。

 前説のお二人の掛け合いが良くて場内が盛り上がります。

 ビッグニュースは3月中にもう1回「バーフバリ 王の凱旋」絶叫上映開催と4/7(土) 「伝説誕生」「王の凱旋」連続オールナイト絶叫上映開催決定の報!

 うん、オールナイトは心身の都合上無理です。(ハンカチ咥えながら)

 でも、うれしいですよね~。

 

 そして、カッタッパ役吹き替えの麦人さんからのメッセージもありました。うれしい、すごい。まだ吹き替え見てないんですが、このメッセージ聞いて見なきゃ!とおもいました。いいお声ですよね。

 

 そういや、前説のカッタッパの扮装していた方が頭踏んでくださいと、頭をバーフバリ扮装の方にやったんですが、出来ない、と止めたあたりは「だよなぁ」と。普通無理よね。バーフバリ扮装の中の人に好感もてました。ノリでやっちゃう人とかいそうじゃないですか。

 

 そして、発声練習もあるので、ますます上映に向けて期待が高まります。

 

 始まったら、音楽に合わせてタンバリンや鈴を叩いたり鳴らしたり、キンブレ振ったり、突っ込みいれたり応援したり忙しい(笑)

 

 新ピカさんでやるのはどうも鳴り物はタンバリン・鈴のみ、紙吹雪禁止、踊る・足踏みも禁止と言った感じですね。正直、踊らせてほしかったりもしますが、後ろの人見えなくなっちゃうしね。すみません、うっかり足でリズム取ってました。リズムぐらいはいいのかな?

 

 凄い笑ったのは、バラーラデーヴァがデーヴァセーナが欲しいとシヴァガミにおねだりするシーンで、嫁とりをシヴァガミが約束するところで

 

「親ばか!」

 

の掛け声。タイミングから何からバッチリ(笑)合いの手や掛け声が上手な人っているもんですね。

 

 とにかくもう、私は腹の底から

 

マヒシュマティ ジェイホー!

バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!

 

と叫べたので大満足でした。家とか映画館じゃ叫べないですしね。

 

 一応、ずーっとキンブレを光らせっぱなしは周りに迷惑なんですが、かと言ってスイッチ切っちゃうと振る場面に出遅れるので、タオルで隠しました。それだけでも光量が抑えられて良かったです。腕のサイリュウムぐらいは袖で隠れるので大丈夫だと思いました。

 よもやユーリ on ICE!!!のコンサート用に買ったキンブレが生かされる日が来ようとは(笑)コンサートは殆どキンブレ使えなかったので、絶叫で思いっきり使った感じです。

 

 あとはひたすら我が王のカッコよさ可愛さを堪能して、バラーラデーヴァのイケメンぶりにうっとりし、シヴァガミさまの真ん丸眼をしっかり脳に刻み込み、デーヴァセーナの強さに喝采し、カッタッパの人柄に胸が熱くなる。

 そして、あれだけ大騒ぎしていたのにラストの方は皆固唾を飲んで成り行きを見守ると言う。いや、あそこは静かに見守りたい。わかる。

 

 そして迎えるマヘンドラの戴冠姿は、一国民として感慨深かったです。5回見たけど一番胸に来た。もう、共にバーフバリ!と叫んだことで私は完全に国民の一人になってた。

 

 完全燃焼して上映が終わった後、スクリーン前方でコスプレーヤーの方が集まって撮影会があったのですが、最終電車も心配だったので撮らずに退散しました。

 次があったらコスプレーヤーの方の写真撮りたいな~。

 

 で、スクリーンの外に出たら

f:id:nazo_India:20180304161351j:plain

ポスター全部バーフバリで、劇場の心遣いに感謝しました。

 ここで他の映画のポスター貼ってたら、たぶん、高揚感がスッと冷めたかもしれない。おかげさまで、家に帰ってもまだ余韻でフワフワしていました。

 

 

 というわけで、大満足の絶叫上映でした。