Darling Darling

Prabhas's fan blog in Japan

スラムドッグ$ミリオネア

  今回はイギリス映画なのですが、撮影場所もインド、俳優もインド系な上にお約束の歌とダンスもちゃっかり入っているのでインド映画枠で語りたいと思います。

スラムドッグ$ミリオネア[Blu-ray]

スラムドッグ$ミリオネア[Blu-ray]

 
スラムドッグ$ミリオネア [DVD]

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]

 

  スラム出身の主人公がクイズ番組インド版クイズ$ミリオネアで勝ち抜いた理由は何か―――――。

 一言で説明すればこれで終わってしまう映画ですが、その内容はすさまじい。

 教養も教育もほとんどないジャマールがクイズに答えられた背景には悲しい過去の出来事があったから、と言うのが筋なのですが、その出来事が悲しすぎる。インドの貧困層の描写が「これ、現実とは違うよね?」と思いたくなるほどひどい。

 ネタバレになるので詳しくは書かないですが、本当にぞっとする描写が多く、この貧困を何とかするのは無理なのではないかとさえ思える。

 

 さて、クイズ$ミリオネアは御存じだろうか?

 元々はイギリスのクイズ番組でその版権をフジテレビが買って、司会者にみのもんたを据え大人気を博したテレビ番組。2000年ごろから放送しているので、中には知らない方もいるかもしれないが、中年の私たちには懐かしい番組だ。(今でもたまに特番としてやっているらしい)

 みのもんたが、たっぷり溜めてねっとりと念推すように回答の確定を尋ねる「ファイナルアンサー?」は流行語になったほどの人気番組。(それに「ファイナルアンサー」と答えると、回答を言いなおすことは出来ない)

(ただし、このみのもんたの溜めやファイナルアンサーのやり取りはインド版には無かった模様)

 問題は4択問題で、1問1問答えるごとに賞金が上がってゆき、ただし間違うと賞金は保証分を残して没収されるので自分が次の問題は答えられないだろう、もうこれ以上は自分には難しいだろう、と言うのを見極めて打ち切らないと賞金がもらえない仕組み。

 回答者には3つのライフライン(救済)が用意されていて、選択肢が半分(2つ)に減るフィフティーフィフティー、知り合いなどに答えを電話で聞くことが出来るテレフォン、会場の参観者に答えを投票してもらうオーディエンスがある。

 

 インド版と日本版では色々違う点もあるが、使われているセットや音楽が同じで選択肢の画面表示も同じなので物凄く懐かしかった。

 ルールを知っているだけに、全問正解したという事の凄さもわかるし、それだけに1問1問にどんなストーリーが用意されているのか、と言う期待が大きかった。

 

 作りとして、インドの貧困を訴えながらエンターテインメントとして興味深い作品になっている。

 ただ、少しご都合主義かな、と言う感は否めないが。

 

 ちなみに、主人公のジャマールって、LIONのサル-お前だったのか!!でした。

(LION=「LION/ライオン~25年目のただいま~」、インドで迷子になって親が見つからず、オーストラリアに養子として渡ったサル-が親を探しにインドに行く物語・オーストラリア・アメリカ・イギリス合作映画)