Darling Darling

Prabhas's fan blog in Japan

インパクト・クラッシュ(原題 The Ghazi Attack)

 バーフバリのバラーラデーヴァ役ラーナー・ダッグバーティさんが主演の潜水艦映画です。

 これがすごくよかった。踊りが無くてぜんぜんインド映画らしくないのだけれど、インドでもこういう武骨な映画をとってるのだなぁと思うと新鮮です。
 とにかく、戦争映画として良くできているし、潜水艦が主体というのも珍しい気がします。
 
 舞台は第三次印パ戦争。
 パキスタンの最強潜水艦ガンジー号相手に、やるかやられるか、やられるか、やられるか、やられ…といった息をつかせぬ展開の演出が見事。
 そして、初めはクレイジーな艦長を抑える側だった常識的で優等生的な主人公が段々艦長を理解しだす流れもいい。

 正直なところ、ラナさんやナーサルさん(ビッジャラデーヴァ役)目当てでDVDを購入した面があったのですが、見てとても良かったので、どんなきっかけでも見ることができて嬉しい。
 軍服姿のラナさんの破壊力もすごいですが、ナーサルさんのイケオジな格好良さが痺れます。めちゃくちゃかっこいい。あと、艦長!シク教徒なので制帽の代わりにターバンを巻いてるのですが、これがもう、本当に素敵(実際インド軍の制服はシク教徒のためにターバンも制式採用している)。

 難点をもうせば、VFXでしょうか。
 明らかにCG。どう見てもCG。
 いや、そこは模型で撮影しませんか?と提案したくなるぐらいCG。

 あと、DVDはヒンディー語版なのでラナさんの声などほぼ吹き替えになってるので、本来のラナさんの声ではなく違和感がありました。テルグ語版で見たかったです。

 しかし、そんな難点を飛ばすぐらいストーリー展開がハラハラドキドキします。

 えー、インド映画って歌って踊るんでしょ?なんて思ってる方から、インド映画大好きな方、ミリタリー好きの方まで、お勧めいたします。