Darling Darling

Prabhas's fan blog in Japan

バーフバリ2IMAX版とバーフバリ1,2完全版極上音響上映

 109シネマズ二子玉川でバーフバリ2IMAX版、立川シネマシティにてバーフバリ1,2完全版極上音響二部作一挙上映を見てきました。

 

 まず、IMAX版。

 編集が少し違うらしいんですが、不心得者のマヒシュマティ国民なのであまり認識できず。ただただ分かるのは、「これは新しいバーフバリだ」と感じること。

 色彩の鮮やかさ。隅から隅まで細部が見られる贅沢さ。

 音響の良さ。

 画面が広いためにあたかも自分がそこにいるかのような没入感。

 とにかく凄い。凄いしか言葉を無くすぐらい凄い。

 通常上映のバーフバリを何度でも見たくなるように、「IMAX版のバーフバリ」を何度でも見たくなる。

 

 ところが、これ、2週間限定上映だったのでもう見られない・・・。

 私、1回しか見られなかった。

 辛い、マジ辛い。

 またやってくれないかなぁ・・・。

 

 続きましては、立川シネマシティの極上音響二部作一挙上映。

f:id:nazo_India:20181103095832j:plain

 まず、初めて見るバーフバリ伝説誕生の完全版は念願の滝ダンスとマノハリが見られて願いが結願しました。ありがとうございます。ひたすら我が王の酔っ払い演技の凄さに見惚れておりました。何あのエロさ。

 もともと、伝説誕生はそれほど好きではなかったのですが、完全版は結構すきです。何が違うんだろう、何が違ったんだろう。イマイチ理解できなかった序盤のマヘンドラが何となく以前より理解できた気がします。

 

 さて、音の方ですが、以前王の凱旋を極音で見た時に「金属音がかなり耳につく」状態で正直な感想を言うと、ちょっと好きになれないところがあったのですが、今回はそこそこいい具合の金属音加減で相当調整したんだなぁと。

 あと、どうも我が王の声に違和感があるな、と思っていたらTwitterで「台詞が高音に調整されている」と言うご意見がありまして、なるほど、と。違和感がありますが、そのおかげでセリフは聞き取りやすいです。どっちか良いかは賛否両論かもしれません。やはり、あの低音が良いのだ、と言う方もいるでしょうから。

 全体的にヨダレが出そうなぐらいの素晴らしい音響でした。

 もう、身体が音に浸る状態。

 さすが立川シネマシティ。これ、クイーンの映画(ボヘミアン・ラプソディ)ここでみたら凄そう。やらないのかな?(上映予定に入ってない気が・・・)

 

 かえすがえすもIMAX版を一度しか見られなかったことが悔やまれます。ホントにホントにまたやってほしい。

 

 はー、バーフバリに出会えて幸せ。