Darling Darling

Prabhas's fan blog in Japan

マサラ上映と絶叫上映

 11月3日に行われた絶叫爆裂マサラ上映と絶叫上映のはしご上映に参加してきたので、そのレポートをと思ったのですが、そもそも絶叫だのマサラだのってなんだよ、って方もいるんじゃないかと思いまして、まずはそもそもの「絶叫」「マサラ」上映とは何ぞやを別記事にすることにしました。

 色々定義はあるかと思いますが、私が知っている限りの知識をまとめますとこうなります。

 

マサラ上映→上映中の声出し、鳴り物、光り物の使用O.K.

      クラッカー、紙吹雪の使用O.K.

 

絶叫上映→上映中の声出し、鳴り物、光り物の使用O.K.

 

 要するに、南インドで行われている(らしい)上映スタイルを「マサラ」上映と称し、クラッカー、紙吹雪が使えないものを「絶叫」上映と言っている感じですね。

 主に首都圏ではV8Jさん(https://v8japan.wixsite.com/v8japan)が企画してくださっています。(もちろん、映画館独自での企画もある)

 関西圏だと塚口サンサン劇場さん

www.sunsun.info

が有名かな?

 

 私は今回、マサラ上映と言われるものは初めての参加でした。

 絶叫にしてもマサラにしても手練れの者が必ずいるので、声だし、紙吹雪のタイミングだの鳴り物の鳴らすタイミングだの分からない、勇気が出ないと言う人でも手練れに続いてやればいいので初心者でも全然楽しめます。

 

 

 鳴り物はV8Jさんの企画だとタンバリンか鈴という決まりが多いのですが、主催者や場所によっては小さな太鼓も使用可能の場合もあるようです。タンバリンは大体皆さん100均ですね。壊れても惜しくないので。

 

 

 光り物に関しては、コンサートで使うようなキングブレードやペンライトをお使いの方が多いです。

キングブレードX10III Neo シャイニング

キングブレードX10III Neo シャイニング

 
キングブレードX10II Neo  シャイニング

キングブレードX10II Neo シャイニング

 

  上のはスマホとかで調整できる物で下のはそれが出来ないのですが、私は下の物を使っています。白色発光が出来るので、S.S.ラージャマウリ監督が「私の色は白」と仰ったときに発光させることが出来ました(古い物は白が無いらしい)。下のやつでもいいと思いますね。

 ちょっと高いけど、物もいいしカッコいいし気に入っています。

 

 光り物に3000円近くも出せないよ、と言う方は100均のサイリュウムでも全然楽しめるし、むしろ光り物は管理(使わない時は消す隠す配慮が必要)が面倒なのでなくてもいいぐらいです。

 

 

 紙吹雪ですが、これはお花紙と呼ばれる体育祭などの時に作る紙花に使う紙で作るのをお勧めします。

  このメーカー以外のもあります。

  あと、ネットを見ていると薄手のチラシを切っている方も見かけますね。

 

 お勧めしないのは折り紙。

 お花紙を切る体力が無いだろうと友人が小さい折り紙(5センチ四方)を使えばいいのでは?と提案してくれたのでやってみたのですが、そもそも折り紙は紙が厚くしっかりしているので、どんなに解してもかたまってしまって、その塊のまま投げた時に空中で解けなかったら凶器になりかねない懸念があります。割と高確率で塊のまま落ちるんですよね、紙吹雪。

 そして、硬いので首などに落ちてきたときに痛いんじゃないかと。業者の紙吹雪(お花紙より少し厚め)ですら首に当たると痛かったらしいので…。

 それらの心配があるので、人の上に被るようには投げられず、投げるときにもできる限り一枚一枚をばらけさせてくっつかないように握り込んで投げるので要らない神経を使うことになりました。映画見られない。

 今回は通路席を確保できたので、通路に投げました。人に当たらないからね。

 まあ、長方形や三角に切れば紙同士が固まる心配は無くなるかもしれませんけど...。首筋に入るとチクチクするかな。

 あ、結構服中に紙入りますよ。

 

 紙吹雪なんかつくってられるかーい!!な向きには、紙吹雪の再利用をお勧めします。大体もう、気の狂った人間(褒め言葉)たちが爆盛で紙吹雪を作ってますので、結構自分の腕とか腰回りとか背中とかに積もるんです。

 

雪だけに積もります。

 

 それをね、こう、手に握って投げると。もう、それで十分楽しめます。

 

 

 クラッカーは、これはちょっと職人芸てきなところがあるので、初心者は持って行かなくてもいいかなぁと。個人的にはクラッカー苦手なので隣で鳴らしてもらいたくない気持ちもある…。

 でも、凄い良いタイミングで鳴らされるクラッカーは良いものです。

 

 マサラ上映と絶叫上映というのは、だいたいこんな感じです。

 

 マサラはインド系映画がおおいかな。絶叫はV8Jさんの始まりがマッドマックスだったということでも分かるように、色んな映画でやっています。バーフバリだけではないんだな。グレーテストショーマンとかラ・ラ・ランドでも確かやっていたかと。

 

 興味のある映画でイベント上映があったら、行ってみるといいと思いますよ。楽しいですから!