Darling Darling

Prabhas's fan blog in Japan

バンガロール・デイズ(原題:Bangalore Naatkal)

 ラーナーさん出演作品と言う事で、ムービープラスさんで放映されました「バンガロール・デイズ」を見ました。

www.movieplus.jp

 詳しい解説は、「BANGER!!!」さんにあります。

www.banger.jp

 個人のブログなどは、「バンガロールデイズ」で検索するとオリジナルのマラヤーラム映画のレビューの場合があります。そう、ラーナーさんが出演しているのはタミル映画で作られたリメイクバージョンなんですね。

 

 お話、とても面白かったです。いわゆる青春ドラマ的なものは好みではないのですが、ストーリー展開が上手くて真剣になって見ちゃいました。

 いわゆる青春群像劇で、女性ひとり、男性ふたりの幼なじみが大都会バンガロールに出て来て恋に若者の悩みに苦しみながら幸せをいかにつかむか、というお話。

 ビックリするのは女性の愛称アム(ディヴィヤ)が冒頭いきなりお見合い結婚してしまうこと。大学も出たのに、とチョッピリ不満はいうけれど結局結婚してしまう。その結婚相手プラサードがラーナーさんです。

 いやあ、日本とかハリウッドとか欧米文化が浸透している所だと、相手がいかにラーナー・ダッグバーティで超ハンサムな女性は全部一目で落ちる男だとしても、お見合いでは結婚しない展開になると思うんですよね。偏見かもしれないけど。それがなんだかんだで、あっさり結婚してしまう。

 でも、それがきっとインドの女性の等身大の姿なんだろうな、と思いました。

 お見合い結婚で結婚する現実に相手が超ハンサムな超金持ちという夢をまぜる。それがインド女性の心をつかむのでしょう。

 

 さて、主人公のアジュは学校を中退して、何だかわけありのイケメン風来坊。クッティはごく普通の容姿だけどとっても気のいい愛すべき男でIT企業社員。こちらは、いかにも都会に行きそうな若者のロールモデルなのかな。アジュは特殊かもしれないけれど。田舎から脱出できるのは風来坊かIT企業に就職できた者なのかな、と。

 

 この3人が繰り広げる群像劇に重要な役割で絡んでくるのがアムの夫であるプラサードなんですね。すごくおいしい役。

 主役3人の演技もとても若者らしさが出ていていいのですが、大人なプラサードの微妙な心の動きが視線や態度で伝わってくるラーナーさんの演技はさすがでした。

 

 いやあ~、青春物で恋愛ものでしょ~、私には合わないわ~なんて思いながら見出したのですが、一生懸命な3人とプラサードの切なさをみてると泣ける泣ける。そして見終わった後の後味爽やかでとてもいい作品でした。

 

 私みたいに録画したけどまだ見てない、と言う人は是非見てくださいね。

 再放送してくれるかなぁ。再放送あったら是非ぜひ見てください。