Darling Darling

Prabhas's fan blog in Japan

ペーッタ(原題:Petta)

 インデアン・ムービー・ウィークのラジニカーント作品2本のうちの1本。

 

 誰にでも推せるか?と聞かれると難しいところですが、ラジニカーント好きには推せます。

 影のあるラジニ様カッコいい、なのです。激強ラジニ様しびれるぅ!なのです。

 そして、「ラジニ様、70に近いお年では?」とふと気づくと色々凄すぎて目をむきます。

 

 あと、敵役がナワーズッディーン・シッディックさんで、はじめ「ナワさんに似た役者だなー、静かな凄みがいい味出してんな」と思ってたら本人でした…。ナワさんはバジュランギおじさんに出てきた一緒に旅する記者さんの方です。ホントにいい役者だ。

 

 そして、敵シンガーラムの息子ジットゥ役がヴィジャイ・セードゥパティさん。Twitter眺めているとハマっている方がいらっしゃって名前だけは知っていたのですが、今回初めて動いているところをみました。皆さん彼の名前にくまさんの絵文字を付けるんですが、熊さんでした。熊可愛い。てか、タミルスターは可愛い人多いの?

 ラジニ様とセードゥパティさんが並んでトラックから出てくるシーンはカッコよさに叫びかけました。

 

 気にいったのは相手になる女性がラジニ様よりもちろんかなり若いとはいえ、いわゆる20代の若者を使っていないこと。大きな子供のいる妙齢の女性で、ラジニ様がとても若く見えるのもあって見た目自然な感じの取り合わせなんですね。調べたら40代の女優さんで、そういった素敵に年を重ねた美しい女優さんがヒロインになれると言うのがちょっと驚きでした。なんか、インド映画って若い女優さんしかヒロインになれないと思ってたから。(実際、結婚して子供を産むとヒロインでの起用は無くなってくる)

 

 ストーリーはですね、最後でひっくり返るかと思いました。絶叫上映だったら間違いなく「ひぃいいいいいいええええええええええ!!!!!」と叫んでいた。

 「カーラ」は服装がまっくろくろすけですが、「ペーッタ」は中身がまっくろくろすけです。両方見て違いを味わっていただきたい。